XM口座の有効化

免許証 XM・口座&入出金&残高

ここではXM口座の有効化について詳しくお話します。

XM 新規口座の開設方法で概略をお話しましたが、口座の登録ができても有効化しなければ運用はできません。

追加情報を入力し、資料を送るのですが、その方法と準備するものをお話します。

 

事前に準備しておくもの

 

準備をするのは2種類の資料で、本人の確認資料と登録住所確認資料です。

それぞれの画像をスマホなどで撮っておきます

本人の確認資料

有効なパスポートまたはその他の公的な身分証明書のコピー で、当局により発行されたもの(例:運転免許証、IDカード等)。

本人確認書類には、本人の名前(フルネーム)、発行日または有効期限、本人の出生地と生年月日または納税番号と、本人の署名が必要です。

日本の場合、マイナンバーカードがあればスムーズに運びます。

 

登録住所確認資料

最近の公共料金の請求書 (例:電気、ガス、水道、電話、ガソリン、インターネットまたはケーブルテレビ、銀行口座の取引明細など)で、本人の登録住所が確認できる 6 ヵ月以内の日付を記載したもの。

 

なぜ確認資料が必要なのか

認可された会社として、XMはXMの主たる規制機関であるFinancial Services Authority (FSA)より課される法令に従い諸手続の管理、運用を行います。

これに伴い、有効な身分証明書および本人が登録の際に用いた住所を確認することができる最近(過去6ヵ月以内)の公共料金の請求書もしくは銀行口座の明細書など、必要書類を提出する必要があります。

 

最初に開設した口座がすでに有効な場合の新口座の確認は?

 

すでに有効化された口座がある場合で、前の口座と同じ個人情報/連絡先情報を使用する限りは、追加登録口座に関しては自動的に有効化されます。

ミキ
ミキ

ゴールドやエネルギーなど、FX以外の投資で用いる口座が複数種になることは普通にあり得ます。

自動的な有効化はうれしいですね。

 

有効化 実際の手順

 

口座を開設しますと確認書類のアップロード要請が来ます。

 

用意しておいた書類を、要請に従ってアップロードしますがその前に1ステップ。

追加情報の入力

共通報告様式に準拠すべく、追加情報を入力します。

追加情報

マイナンバーについての情報です。

マイナンバー

納税と直接かかわりがあるマイナンバーを報告します。

 

アップロード

アップロード

確認書類のファイルを選び、アップロードをします。

アップロード後、完了通知が来ます。

アップロード完成

 

アップロード後注意すること

アップロードを行いますと、完了通知が来ます。

その後24時間以内(土日を除く)に担当部門から返信があります。

気を付けなければいけないことは、さらなる書類のアップロードをしないということです。

例えば、免許証の裏を送り忘れたとか、画像がもっと鮮明なファイルがあるなどの理由で、重ね送りをしたくなってしまいそうですが、やめましょう。

不足があれば担当部門からの返信にその旨の通知があります。

注意してくださいね。

 

ミキ
ミキ

口座が有効化されたら、いよいよ運用ができます。

いきなりが怖ければデモ口座を開設し、架空の取引を体験するのも手ですよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました